空気と水以外は箔押しに

弊社は昭和45年に仙台市長町で開業し、昭和54年に有限会社武田製本所として法人化。翌年の昭和55年に、印刷団地に工場を移転しております。
主な業務は「箔押し」。上製本の表紙や背の部分で、金色や銀色の文字で使われております。印刷団地に工場を移転したのを機に、表紙貼(上製本)及び箔押しの自動化を図り、東北地方の上製本作成の多くを担っております。近年では、自社企画として卒業証書ホルダー等にも力を入れています。

弊社の強み

弊社の強みは、印刷団地でも貴重な「箔押し」の高度な技術を有するところです。箔押しは6~7世紀ごろに「書物を美しく護る」ため、手工芸として始まったのが起源とも言われており、印刷加工技術の中では実は最も古い技術の一つ。その技術の応用で、紙の表面の凹凸を生成する「空押し」や「エンボス」なども得意としております。
今後はこうした技術をデザイナー様やプランナー様に知っていただき、応用して頂きたいと思っております。

代表取締役
武田 昭子
専務取締役
武田 隆志
有限会社 武田製本所 有限会社 武田製本所

〒984-0011
宮城県仙台市若林区六丁の目西町1-31
TEL. 022-288-7651
FAX. 022-288-8862
E-mail. takeda-s@ji.jet.ne.jp
URL. http://www02.jet.ne.jp/~takeda-s/

ページの先頭へ