仙台印刷工業団地協同組合は、昭和39年に日本ではじめての印刷団地として国の認可を受け、昭和41年に完成いたしました。以来、仙台の街の発展と共に生まれてくる様々なニーズに対応すべく、組合員各社と良い補完関係を築き上げながらワンストップサービスの提供ができるネットワークを構築しております。
平成25年11月には50周年を迎え、また仙台地下鉄東西線の「六丁の目駅」が印刷団地の目の前にできることもあり、東西を結ぶ交通軸を活用した産業支援拠点の整備(ビジネスデザインセンター構想)など、創立から50年を経て第二創業ともいえる大きなチャレンジを行っているところです。

昭和37年12月
仙台印刷同士会設立 市内印刷業の集団化プロジェクト開始
昭和38年11月
仙台印刷工業団地協同組合設立総会
昭和40年3月
起工式
昭和40年7月
第一次移転開始
昭和41年7月
印刷団地会館完成
昭和41年12月
食堂・売店・バレーコートなど福利厚生施設が次々と完成
昭和44年6月
技術革新への対応と若年労働者確保を主眼とした第2次事業計画を中小企業振興事業団に提出
昭和44年8月
団地内従業員健康管理を目的とした診療所の開所
昭和45年8月
共同工場の建設(モノタイプ室、コールドタイプ室、製本室)
昭和48年11月
創立10周年記念式典
昭和50年3月
産業廃棄物置き場の完成
昭和52年9月
共同倉庫の建設
昭和53年6月
宮城県沖地震を契機に活版印刷からオフセットへの切り替え進む
昭和53年9月
社員用共同駐車場の完成
昭和54、55年度
第2次補完事業 印刷団地の拡大
昭和55年1月
新食堂「プリンパル」オープン
昭和58年11月
設立20周年記念式典
昭和59年10月
社員用立体駐車場の完成
昭和63年5月
新印刷団地会館竣工
昭和59、60年度
第2次補完事業 組合員の増改築進展
平成4年4月
中国人研修生4名受け入れ(1年間)
平成5年
団地環境整備事業
平成5年11月
創立30周年記念式典
平成12年
新食堂「ハーフタイム」オープン
平成15年11月
創立40周年記年式典
平成17年11月
印刷団地クラスター化計画始まる
平成18年5月
18年度総会で今野理事長から江馬理事長へ
平成19年8月
19年度総会で江馬理事長から針生理事長へ
平成20年3月
「仙台印刷団地クラスター構想」の方針を発表。
平成20年
創立45周年記念事業「吉村作治の早大エジプト発掘四十年展」開催
平成22年10月
仙台市インキュベーションマネジメント事業受託
平成23年2月
インキュベーションセンター「Flight」オープン
平成23年3月11日
東日本大震災。組合・組合員全体で物的損害発生。
平成23年12月
復興公営住宅プロジェクト始動
平成24年7月
仙台市受託事業「創業スクエア」の運営開始
平成24年1月
実地型研修「FlLghtビジネス塾マーケティング実践セッション」を開催
平成25年11月
創立50周年記念式典
平成25年12月
「FLightマーケティング実践セッション」を開催
平成27年3月
復興公営住宅竣工
平成29年4月
立体駐車場(3層4段)竣工
ページの先頭へ